Choose your region, country and language

 

空調、冷凍、および建築技術に関するFガス規制の影響について

Fガス規制の目標を実現するには、国レベルでの管理が必要です。「フェーズダウン」、つまり「段階的な削減、廃止」です。

「Fガス規制」は2015年1月1日から施行されました。これは、事業者と製造業者の両方に大きな課題を提起しています。 革新的で最新技術のベンチマーク企業であるebm-papstの換気および駆動技術ソリューションは、可燃性冷媒の基準を満たしています。

Fガス規制とebmpapst製品について、詳細をご覧いかがでしょうか。

false
 
Fガス規制とebm-papst製品
  • アプリケーションと規格:ここでは、現在の安全要件をすでに満たしているebm-papst製品を知ることができます!
  • F-ガス規制に関する重要な質問と回答
  • エアコン、冷凍および建築技術に対するFガス規制の影響
資料ダウンロード

お問い合わせフォームを送信すると、F-ガス規制パンフレットのダウンロードが可能となります。

* 必須項目

最適な製品!ebm-papstは標準規格を満たしています。

false

ebm-papstの幅広く拡大し続ける製品ポートフォリオは、次の基準を満たしています。したがって、そこに含まれる製品は、可燃性冷媒と組み合わせて安全に使用できます。

  • 乾燥機= EN 60335-2-11
  • 家庭用冷却装置= EN 60335-2-24
  • エアコンおよびヒートポンプ= EN 60335-2-40
  • 業務用冷凍技術= EN 60335-2-89

さらに詳しいご説明は必要でしょうか。私達からご連絡を差し上げます。

* 必須項目